よくある質問

Q:鍼は痛くないですか?

A:基本的に痛くないものです。しかし、ごく稀に鍼特有の感覚(ひびき)を痛みと感じる場合があります。当サロンでは、治療に用いる鍼は直径が髪の毛(0.2㎜以下)程度の細さで、鍼先は丸みを帯びた痛みをできる限り伴わない形状のものを使用しております。

Q:衛生面は大丈夫ですか?

A:当サロンの鍼はすべて使い捨ての、滅菌されたディスポーザブルの鍼を使用しております。感染症の心配も無く、安心してお受けいただけます。

Q:お灸は熱くないですか?

A:基本的に皮膚に直接触れない間接灸を使用しますので、熱いというより温かくて気持ちの良い刺激です。
お灸は熱ければ熱いほど効果があるというものではありません。火傷するほどの熱さではなく、ほどよい温熱でつぼを刺激することで効果がございます。その日の体調や気温、湿度によって熱さや強さの感じ方が変わりますが、熱さを感じるのは血行不良が改善しているサインです。そのまま熱さを我慢されると火傷になってしまう可能性がありますので、我慢をせずに熱さを感じたらすぐに取り外す事が大切です。

Q:鍼とお灸の違いは何ですか?

A:鍼とお灸の大きな違いは“熱・暖かさ”の有無です。 冷え性の方や、温めることで症状が緩和するお身体の状態・症状にはお灸を使うことが多く、またさらに効果を高めるために鍼とお灸を併用して施術をしてまいります。 鍼には、皮膚からの感覚神経を通して脳に伝わることで、つらい部分から伝わる痛みの感覚を遮断したり、脳から分泌されるエンドルフィン(脳内麻薬)等が分泌され痛みの感覚をまひさせることで、とくに優れた鎮痛効果があります。 一方、お灸には、熱により身体を温めて血流を促することで、筋肉を固くしてしまう原因の疲労物質である乳酸や二酸化炭素などを排出する作用があるので、肩こり・頭痛・腰痛などに効果を発揮します。 どちらも、身体の免疫力を高め、元の正常な状態に戻すよう働きかける作用がございます。

Q:鍼灸の副作用はありますか?

A:鍼は薬のような副作用はありませんが、稀に東洋医学特有の好転反応とされる瞑眩(めんげん)反応といわれる症状が出ることがあります。この瞑眩反応とは、治療後に身体がだるく感じたり眠くなったりと一時的に症状が悪化したように感じることです。お客様全員が体験するわけではないのですが、これは症状が良くなっていく上での一過程とされており、その反応後にお身体の調子が上昇していきますので、ご安心ください。

Q:美容鍼の効果はどれくらい持続しますか?

A:個人差がございますが、お顔への美容鍼の効果持続は、最初は1週間くらいとなります。定期的に施術を続けることで徐々に体質や肌質が改善し、効果の持続時間は長くなり、ハリ感のあるお肌を取り戻していきます。

Q:どのくらいのペースで通ったら良いですか?

A:たるみ・しわの改善といったお顔の美容効果や、肩こりや冷え症といったお身体の症状の改善効果をキープするためには、特にお通い始めについては、1週間~10日に1回程度お通いいただくことをお薦めしております。 その後、効果を定着させ戻りにくくするために2週間~4週間に1回程度のペースをお勧めしております。

Q:内出血することはありますか?

A:お顔には非常に多くの毛細血管が通っており、鍼の刺激で毛細血管からの内出血が生じることが稀にございます。鍼による内出血は、身体をぶつけた際にできたりする「青アザ」と同様のものですので、通常は1週間程度で消えてまいります(お客様の体質によって変わってまいります)。
当サロンでは内出血が出ないよう万全の注意を払って施術いたしますが、内出血を一切出さないようにする方法は残念ながらございませんので、予めご了承ください。

Q:施術を受ける際に用意しておくものはありますか?

A:お客様がご用意いただくものは特にございません。お着替えはすべてこちらでご用意させていただいております。
ただ、美容鍼やフェイシャルトリートメントはお化粧を落とさせていただきますので、必要な方はご自身のメイク道具をお持ちください。

Q:クレジットカードは使えますか?

A:VISA / Mastercard / JCB / American Express / Diners Club / Discoverがご利用いただけます。

PAGE TOP